タグ別アーカイブ: 仮想通貨勉強会

仮想通貨の書籍1位いただきました

仮想通貨の書籍1位をいただきました!

 

最近書籍の出版とセミナーに追われていてしばらくぶりの投稿です。

実は・・・

 

私が書いた書籍が

アマゾン総合で一位をいただきました!

%e7%b7%8f%e5%90%88%e4%b8%80%e4%bd%8d%ef%bc%81

 

皆さんの応援のおかげです!

本当にありがとうございます!

書籍はこちらから購入可能です!→こちら

仮想通貨に関しての書籍なのですが、基本のビットコインについて書かせていただいています。

メルマガ読者も1000名を超えてますが、やはり詐欺通貨に関する質問が多いです。

 

ですが、それも基本がわかっていればまず騙されることはありません。

是非読んでみてくださいね。

 

年末から始まったビットコインの急騰急落ですが、800ドルを超えると1000$までは早いという噂通りの動きを見せましたが、やはり噂で上がると真実で売られますね。

もちろん、下がったきっかけは中国政府の介入によるものですが、遅かれ早かれ過剰な高騰はどこかで下がりますのでお気を付けください。

メルマガ読者の方は

「上野さんの言うことを聞いておいてよかった。」

「上野さんの言うことを聞いたおけばよかった(笑)」

そういう声をよく聞きます。

 

もちろん、私は人より情報を集めていますし、今これを読んでくださっている方よりも仮想通貨に早く振れてきたという経験もあるのですが、一番大切にしているものは

大儲けしようとしない

ということです。

 

よく例に挙げられるのが

「一つのかごにすべての卵を入れてはいけない。」

という表現です。

 

仮想通貨は「儲かるよ!」「儲かるよ!」と誘惑の多い世界です。

確かに仮想通貨で一発当てて儲けた人もいますが

ごく一部でほとんどの人がやられてしまう世界です。

是非「儲ける」という意識の前に正しい知識から入ってみてくださいね。

メルマガの登録お待ちしております。

今週週末大阪でセミナーも行います。

メルマガで告知しておりますので、是非ご参加ください。

仮想通貨の授業

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メールマガジンへの登録、質問などは下記フォームよりお願いいたします。

torokuword1

名前
メールアドレス

スイス郵便貯金が個人にマイナス金利!

スイス郵便貯金が個人にマイナス金利!

 

「スイスの郵便貯金、個人客にマイナス金利 年1%  2016/11/12 1:05  【ジュネーブ=原克彦】

スイスの郵便貯金を運営するポストフィナンスは11日、個人顧客を対象に口座残高の
100万スイスフラン(約1億700万円)を超える金額に年1%のマイナス金利を適用すると発表した。

2017年2月1日から実施する。
同国の大手金融機関が個人顧客にマイナス金利を導入するのは初めて。

ポストフィナンスはスイス国立銀行(中央銀行)が15年1月に導入したマイナス金利の影響で、
「今年は既に1千万スイスフラン以上の費用が生じている」と説明。
実際にマイナス金利が適用される顧客はごくわずかだという。 」(日本経済新聞)

表題に驚いた方も多いと思いますが、残念ながら筆者はそこまで預金があるわけではないのであまり関係ありません(笑)

ですが、少しずつ金融の世界に歪が出てきているということでしょう。

だからと言ってあまり不安にならなくていいと思います。

そのうち日本でも同様なことが起こるかもしれませんが、しっかりと資産を分散しておけばいいのです。

日本の円はやはり世界的にみても安心通貨ですが、縁だけではなくドルや現物の金、それにビットコインなど比較的信頼できるものに分散しておきましょう。

そしてそのときに使いやすいものを使うようにしていると、それだけでまた資産運用になっていきます。

不安にならずに行動することが大切ですね!

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

泉忠司と土屋ひろしの仮想通貨とは

泉忠司と土屋ひろしの仮想通貨とは

 

日銀の黒田東彦総裁は仮想通貨の技術が

「金融に大きな変化をもたらす」とする一方

情報の安全性確保などが課題だと述べた。

日銀は4月にフィンテックセンターを行内に設置。

国際的に出遅れているフィンテック市場の育成に向け

主役の民間をどうサポートできるかの研究に着手した。

この日の会合は日銀とNECや日本IBM

NTTデータなど8社との共催だ。

日銀の黒田総裁が仮想通貨について語ることからも

日本の中で仮想通貨が広がっていっていることが

見て取れます。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC23H0F_T20C16A8EA2000/

本日は松宮さんに直撃でお話ししてきて

さらには泉さんのウェビナーを見ました。

 

全貌を今日聞けるのかと思いきや

今日は特に内容はなかったですね

 

私は個人的にお会いして

少しは内容知っていますが

またおいおいお話ししていきますね。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン価格の下落とその要因

ビットコイン価格の下落とその要因

 

昨夜ここのところ順調に上がってきていたビットコイン価格が10%も下落しました。

まあビットコインにかかわり続けている人にとってはそれほど大きく感じないのですが、買い始めたばかりの人にとってはショックを受けたかもしれません。

ではその要因を見ていこうと思います。

昨日「ブルームバーグニュース」で中国の政府当局が、中国から人民元が流出するキャピタルフライトの懸念をうけて、ビットコインを用いた送金の制限に向けて動き始めているとの情報を関係筋(people familiar with the matter)が明かしたという。(ビットコインニュースより)

このことから市場が反応したと思われています。

ですが、「アナリストのテュール・デメスター(@tuurdemeester)氏らによれば、ニュースは投機的な目的のために利用されたのではないかとソースの信憑性を疑っている。中国経済誌JRJは、ブルームバーグにソースの確認を行なったが、返答は得られなかったとコメントしている。」(ビットコインニュース)

と書かれているように、今のところ噂にすぎず事実確認は一切できていない。

私個人としては、仮に中国で規制がかかるともちろんビットコインの価値が【一時的】に下がると思いますが、私は海外でマイニングをお願いしているので、逆にそのぶんマイニングできるようになり、長い目で見ればうれしいことになると思っています。

もちろん、手放しで喜べるかどうかはわかりませんが、仮想通貨とは何なのか?ということを考えれば世界で使えるものなので、中国で規制されても影響はあるが「価値がなくなることはない」と考えています。

私はどう転んでも得をするようにネタを仕込んでいますから。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

革命が始まりました

革命が始まりました

 

私のセミナーにお越しの方は聞いていたと思うのですが、いよいよ革命が始まりました。

「三菱UFJ信託銀行は全国の信用金庫を束ねる信金中央金庫傘下の信託銀行を買収する。合併後は三菱UFJ信託が信金で販売する投資信託の資産管理を手掛け、信金中金の運用事業を効率化する。マイナス金利で運用環境が悪化する中、地域や業態を超え、事業連携で効率化をめざす動きが進んでいる。

三菱UFJ信託が買収するのはしんきん信託銀行(東京・中央)。買収額は最大百数十億円となる見通し。」

(日本経済新聞)

ビットコインが誕生して、最初は「怪しい」と言われていて敬遠されていましたが、ビットコインのブロックチェーンの素晴らしさに気付いた政府や銀行が手のひらを返したように、次々にその技術を取り入れていっています。

今回のFinTech革命は、インターネットが普及した時以上のインパクトを市場に与えることになると言われています。

仮想通貨革命を書かれた野口先生も昨年はさんざんいろいろ言われたようですが、今ではひっぱりだこになっています。

世の中というのは、受け入れようとしないうちは「怪しい」「あんなものダメだ。」と言っていますが、仕組みを理解した人から「素晴らしい」に変わる。

知らないから怪しいと決めつけずに、まずは知ろうとすることが大切です。

私は来年以降に革命がおこると思っていましたが、思ったより早く来るかもしれません。

普及しだすとスピードは早くなります。

今一度ブロックチェーンやビットコインを学びませんか?

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン高騰の要因?

ビットコイン高騰の要因?

 

【ビットコイン高騰の要因?】

77000円近くまで高騰しているビットコインの考察です。

中国の通貨、人民元の下落が止まらない。10月から国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の構成通貨に正式採用されたが、約6年ぶりの安値水準まで売り込まれた。
そんな中、中国からの資本流出は見掛けよりも深刻かもしれないと米投資銀行のゴールドマン・サックスが警告している。
人民元は「国慶節」の連休明けの10日から続落し、11日には一時1ドル=6.7148元と、2010年9月以来の元安水準になった。米国の利上げ観測やドル高も元売りに拍車をかけた。
ブルームバーグによると、8月の公式統計では、人民元決済を通じ277億ドル(約2兆8,700億円)が中国から流出した。
2014年までの5年間の月平均では44億ドル(約4,560億円)にとどまっている。 (MONEY VOICE)

経済成長率に反して実態経済は追い付いていないことが、より明確になったのではないでしょうか。

ビットコインは皮肉にも金融危機が起こると高騰します。

ただ、ビットコインがあることによって、どこの国にいても逃げ道が用意されることになります。

こういったものがなければ、住んでいる国によって運命を国に預けることになるので、言わば助け合いの精神とも言えるでしょう。

お金は国が保証するものだという思い込みがありますが、誰かが管理するのではなく、みんなで監視しあい、みんなで助け合う精神によって成り立っているのがビットコインなのではないでしょうか。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインがまた上がってきています

ビットコインがまた上がってきています

 

本日NHKでビットコインについて放送がありましたね。

その効果かわかりませんがビットコイン価格がまた一段上がっています。

もちろんこのまま上がり続けるかどうかは疑問ですが、注目度が上がるのは間違いないでしょうね。

今日NHKの放送を見ていた方が、日本円には保証があるが、ビットコインには「保証がない」とつぶやいていたので

少しやり取りさせていただきました。

さて、「保証」というのはいったい何を言うのでしょうか?

日本という国にいるので1円は1円であるという保証はありますが、価値の保証はありません。

例えば、野菜を見てみましょう。

今日100円で買えたキャベツは、明日も100円で買えるかどうかはわかりません。

でも100円は100円です。

つまり、100円が100円である保証はあっても、今日100円で買えたものが、明日も100円で買えるという保証まではないのです。
つまり、価格変動リスクが高いか低いかということです。

他にも、日本の円と、トルコのリラでは信用度が違うのでその価値の変動はトルコリラのほうが激しいでしょう。

日本という「安全」な国にいると

保証があり価値があると思い込みがちですが

皆さんが想像していたものと違うのがご理解いただけたでしょうか?

 

もちろん、ビットコインもかちはまだまだ安定していませんし、私も「絶対」ということはできませんが、リスクに対するリターンを考えると、少し持ってみてもいいと思いませんか?

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

NHKが仮想通貨と銀行の関係を報道

NHKが仮想通貨と銀行の関係を報道

 

仮想通貨に使われているブロックチェーンという技術を使って、銀行間取引の手数料が引き下がられるとNHKのNEWS WEBで記事が公開されていました。

「今回このプロジェクトには、みずほフィナンシャルグループや横浜銀行、それにネット専業の住信SBIネット銀行など国内の42の銀行が参加。

プロジェクトによりますと、欧米を中心にすでに18の大手金融機関がこの仕組みを導入しています。25日の会合では、来年3月までに国内でもこの仕組みを確立し、導入している銀行どうしの取り引きを海外送金は来年4月以降、国内については来年秋以降に順次、始めることを申し合わせました。これにより、国内外で毎日24時間直ちに送金ができるようにするということです。」(NHK NEWS WEB)

 

以前より住信SBIが仮想通貨のリップルをベースとした送金手段を、来年4月をめどに導入予定であることは報道されていましたが、より具体的に日本の金融機関の連携が発表されたと言っていいでしょう。

 

ここで気になるのが、単独で仮想通貨を発行すると発表している三菱東京UFJ銀行ですね。

先日も社員向けに「OOIRI」という仮想通貨をまずは試験的に導入していると発表されていましたが、このまま単独でのプロジェクトが進むのでしょうか。

ますます日本で仮想通貨に対する意識が変わろうとしていることは確かです。

今このタイミングで仮想通貨を学び、投資しておくには絶好のタイミングなのではないでしょうか。

 

周りがみんな仮想通貨を知っているという状況になると、バブルを体験できません。

是非まずは仮想通貨を学んでみませんか?

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインで稼げましたか?

ビットコインで稼げましたか?

 

2日前にビットコインが年末に向けて上がる?

という動画をあげましたが↓

これを見てビットコインを買われた方は

2千円ほど上がったので

少し利益が出たのではないでしょうか

 

本日は急なセミナーにもかかわらず

参加していただいた皆様ありがとうございました

2時間の予定がたくさんの疑問や質問をいただき

予定時間を大幅に過ぎてしまうことになりましたが

仮想通貨に対する期待感を

感じることが出来ました

 

仮想通貨界初の宝くじという注目を浴びる

QUANTA

ADAに関する期待感

仮想通貨の日本における現状

三菱東京UFJ銀行が取り組んでいる仮想通貨

世界の中でビットコインがどのような位置にいるのか?

などディスカッションさせていただいたので

有意義な時間になりました

ひとつ今日お越しいただいた中での質問で

ビットコインは高いので迷っているという質問がありましたが

「100円でも買えますよ。」

ということをお伝えしたら

毎月少しずつ積み立てをしてみようと思われたそうです

 

ドルコスト平均法と言って

毎月一定金額(円ベース)で購入されると

高値で買ってしまうときもありますが

安値で買えるときもあるので

平均して損しにくくなります

迷われている方や

少しなら積み立ててみようと思われる方は

買い方を動画で上げておりますので↓

是非取り組んでみてください。

 

他にもいろいろ投資案件はありますが、今バブルが来そうなの間違いなく仮想通貨です。

 

是非このチャンスに学んでみてください。

 

仮想通貨の授業

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

年末に向けビットコインは上昇?

年末に向けビットコインは上昇?

 

ビットコインを愛されている方は、ブロックサイズのスケーラビリティの問題をご存知でしょう。

その問題を解決するsegwit(Segregated Witness)が近いうちに実行される可能性が高くなった。

 

まだマイナーによる受け入れといった課題があるが、それも含めて今後も注目しておきたい。

昨日一段価格を下げたビットコインですが、特にニュースもない状態での価格の下げなので、調整によるものだと思われます。

 

さて、本題に戻りますが現在のビットコインというのは1ブロックに対して1MBが上限になっているので、今後はデータが入りきらなくなるのではないか?という問題を抱えている。

 

その容量を約60%抑えることが出来るのが、このsegwit(Segregated Witness)なんです。

 

具体的には取引データの中の署名部分を別にすることで、サイズを小さくすることになる。

 

そのことによって、送金手数料が安くなるメリットもあり、ビットコイナーと呼ばれるビットコインを愛する人たちにとってはかなりの朗報になります。

 

このことによって、価格が上昇する可能性も考えられますので今後のニュースに注目しておきたいところです。

 

ビットコインはいろいろ問題が指摘されたりしていますが、少しずつその問題を解決する技術者たちのおかげで、今後も発展していってほしいと思っているのは私だけではないでしょう。

 

ビットコインが仮想通貨界での基軸通貨でいられるのは、ビットコインを支えてくれているファンがいるからなんですね。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の授業