タグ別アーカイブ: フィンテック革命

急激な円高でビットコインに与える影響

急激な円高でビットコインに与える影響

 

本日の動画でもお話ししていますが、急激な円安へと動きました。

そのことで、海外の取引所のビットコイン価格が上がっています。(そう見えるだけ)

日本のビットコイン価格と海外のビットコイン価格の差が縮まったことで喜んでいたのですが何のことはない単なる急激な円安でした(笑)

例えば、現在海外で1BTCが790$だったとします。

790$という海外での価値が同じでも115円換算なら790$は90850円ですが、117円換算なら92430円になります。

たった2円の差が、1BTCとなると大きな差になってきます。

ですので、今回一時的な価格差の幅になっている可能性も考慮しておくべきだと思います。

もちろん、長い目で見れる方は問題ありませんが短期トレード目的のかたは注意しておいてくださいね。

以前からお伝えしているように、日本と海外の取引所とのビットコインの価格差はあまり大きくなりすぎると縮まる傾向にあります。(どちらかというと、海外の価格に日本が近づくことのほうが多い。)

今現在急激な円安によって、ドルを円換算することで価格差が縮まったように見えているだけの可能性が高いので、様子を見ておいたほうがいいでしょう。

現在QUANTAという仮想通貨が、プレセール終了間近です。

詳細お申し込みはメルマガのほうへお問い合わせください。

メルマガでは
仮想通貨の情報や投資案件など
さまざまな情報を提供しております
この機会に是非ご登録ください。
仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メールマガジンへの登録、質問などは下記フォームよりお願いいたします。

torokuword1

名前
メールアドレス

中央銀行が仮想通貨を発行したら・・・

中央銀行が仮想通貨を発行したら・・・

 

現在仮想通貨に対して各国が研究している。

「多くの国の中央銀行が、仮想通貨に強い関心を寄せている。今年6月にアメリカ連邦準備制度、世界銀行、IMFが主催した「ブロックチェーンとフィンテックに関するフォーラム」には、90を超える国の中央銀行が参加した(CoinDesk参照)。」

これだけの国の中央銀行が会するのはただ事ではないと言っていいでしょう。

もちろん、まだまだ国が取り入れるにはいろんなハードルがあり、今のところ導入を検討しているといったところでしょうか。

ですが、それほどビットコインをはじめとする仮想通貨が便利で安全、そして何より経費削減につながることが分かったのでしょう。

「アジアでも、中国、韓国、シンガポールの中央銀行が取り組んでいる。中でも熱心なのがシンガポールの中央銀行で、仮想通貨技術を使った資金取引システムの実証実験を始める。これには、三菱UFJフィナンシャル・グループのほか、米バンクオブアメリカ・メリルリンチや、クレディ・スイス、英HSBCなど9社が組む連合体と、米ベンチャー企業のR3、シンガポール取引所が加わる。実証実験では、まず仮想通貨技術を活用した24時間対応の送金サービスを取り上げ、その後、国境を越えた取引に検討対象を広げる(日本経済新聞参照)。」

一つ言えることは、まだまだビットコインをはじめとする仮想通貨自体が使いやすいか?と言われるとそうとは言えない。

パソコンやネットに親しんできた方には問題なくても、今までそんなものに触れてこなかった人たちにとっては大変だろう。

ただ、国が取り組むとなると更なる改善が期待されるので、私としては規制をしてくれてもいいので、どんどん使いやすさを追求していただけるといいと思っています。

さて、次はどんなニュースが飛び出すのか楽しみですね!

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メールマガジンへの登録、質問などは下記フォームよりお願いいたします。

torokuword1

名前
メールアドレス

Amazonでビットコイン決済が可能に!

Amazonでビットコイン決済が可能に!

もともとインターネットに相性のいい仮想通貨ですが、いよいよさらに使いやすくなります。

ビットコインがいよいよここまで来たか!という感想です。

私自身ビットコインに親しんでから、その可能性に期待して持ち続けてきたのですが、やっと理解されてきたのでしょうね。

私が過去に挙げた記事や動画でも、政府としてもビットコインは普通の家庭に入ってくることを予想しているというものをお送りしていました。

 

今その時私を信じてくれた人からは感謝のメールをたくさんいただきます。

知らないから、よくわからないから、周りの人が怪しいと言っているからと良く調べもせずに取り組まないのは本当にもったいないです。

過去にも不動産バブル、ITバブルがありましたが、その恩恵に授かったのは、その分野に取り組んだ人だけです。

どれだけ世間でバブルだバブルだと言っていても、新聞紙面をにぎわせていても、自分がその世界に飛び込まない限りそのバブルを体験できる人はいません。

もちろん、そのためにはよく調べることが大切です。

良く調べていないと、仮想通貨=すべて上がるという幻想に取りつかれて、そういう目的で作られていない仮想通貨を買わされてしまいます。

私が言っていることすら疑うくらいで調度いいと思います。

そのくらい調べることが出来れば、あなたがこの世界で騙されることはないでしょう。

是非この機会に一緒に仮想通貨を学び、仮想通貨バブルと体験しませんか?

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メールマガジンへの登録、質問などは下記フォームよりお願いいたします。

torokuword1

名前
メールアドレス

三井住友が仮想通貨の保険を発表!

三井住友が仮想通貨の保険を発表

 

ついに日本の保険会社が仮想通貨を扱います!

マウントゴックス事件以降、仮想通貨を購入するリスクとして付きまとっていた「盗難」に対する対応が始まるということは、今後の仮想通貨界にとってはビックニュースとなりますね。

「インターネット上でやりとりする仮想通貨を安心して利用できる環境が整い始めた。三井住友海上火災保険は11月中に国内で初めて仮想通貨を巡るトラブルに対応する保険を売り出す。仮想通貨がサイバー攻撃などで盗まれたり、なくなったりした時に被害を補償する。仮想通貨の取引量は増えているが被害も広がっている。保険で安心感が高まれば、普及に弾みがつく。」

「5月に成立した改正資金決済法では仮想通貨をプリペイドカードなどと同じ「支払い手段」と定義づけた。財務省も普通の通貨と同様に、仮想通貨の取得時の課税を非課税にする方針だ。大手銀行でも三菱UFJフィナンシャル・グループが「MUFGコイン」の開発を発表するなど、仮想通貨を巡る取り組みは広がっている。」(日本経済新聞)

私がおすすめしているビットフライヤーの協力で実現できるそうです。

ビットフライヤーの月間取引高は1千億円を超えていて、日本の仮想通貨取引所の中では群を抜いています。

いよいよ来年には仮想通貨が日本で当たり前の時代が来そうですね!

先日からメルマガ読者が急に増えています。

ビットコインで参加できる案件や、仮想通貨に関する情報をお送りしていますのでご登録お待ちしてます!

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メールマガジンへの登録、質問などは下記フォームよりお願いいたします。

torokuword1

名前
メールアドレス

革命が始まりました

革命が始まりました

 

私のセミナーにお越しの方は聞いていたと思うのですが、いよいよ革命が始まりました。

「三菱UFJ信託銀行は全国の信用金庫を束ねる信金中央金庫傘下の信託銀行を買収する。合併後は三菱UFJ信託が信金で販売する投資信託の資産管理を手掛け、信金中金の運用事業を効率化する。マイナス金利で運用環境が悪化する中、地域や業態を超え、事業連携で効率化をめざす動きが進んでいる。

三菱UFJ信託が買収するのはしんきん信託銀行(東京・中央)。買収額は最大百数十億円となる見通し。」

(日本経済新聞)

ビットコインが誕生して、最初は「怪しい」と言われていて敬遠されていましたが、ビットコインのブロックチェーンの素晴らしさに気付いた政府や銀行が手のひらを返したように、次々にその技術を取り入れていっています。

今回のFinTech革命は、インターネットが普及した時以上のインパクトを市場に与えることになると言われています。

仮想通貨革命を書かれた野口先生も昨年はさんざんいろいろ言われたようですが、今ではひっぱりだこになっています。

世の中というのは、受け入れようとしないうちは「怪しい」「あんなものダメだ。」と言っていますが、仕組みを理解した人から「素晴らしい」に変わる。

知らないから怪しいと決めつけずに、まずは知ろうとすることが大切です。

私は来年以降に革命がおこると思っていましたが、思ったより早く来るかもしれません。

普及しだすとスピードは早くなります。

今一度ブロックチェーンやビットコインを学びませんか?

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン高騰

ビットコイン高騰

 

21日に年末に向けてビットコイン価格が上がると

動画をあげたのですが見てもらってましたでしょうか?

その時の価格が66000円だったので

一週間で約1割ほど上げましたね

ビットコインは仮想通貨の中で

一番堅牢だと言われ

問題点だと指摘されてきた部分も

コミュニティの開発者により

ブロックサイズやトランザクションの問題が

解決しようとしていることによる

期待値による上げだと思われます

明日から3日間

大阪の事務所でビットコインセミナーを行いますので

ご希望の方はお申し出ください

連絡先yumeclub2020@gmail.com

10月28日19時~

10月29日10時~・19時~

10月30日10時~・14時~・19時~

ビットコインの買い方・送り方をお伝えします

現在販売中のADA・QUANTAについては

セミナー後希望者には内容をお伝えします

参加費用は1500円

参加者には500円分のビットコインを差し上げますので

ビットコイン不要の方は1000円となります

お会いできることを楽しみにしてます

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

年末に向けビットコインは上昇?

年末に向けビットコインは上昇?

 

ビットコインを愛されている方は、ブロックサイズのスケーラビリティの問題をご存知でしょう。

その問題を解決するsegwit(Segregated Witness)が近いうちに実行される可能性が高くなった。

 

まだマイナーによる受け入れといった課題があるが、それも含めて今後も注目しておきたい。

昨日一段価格を下げたビットコインですが、特にニュースもない状態での価格の下げなので、調整によるものだと思われます。

 

さて、本題に戻りますが現在のビットコインというのは1ブロックに対して1MBが上限になっているので、今後はデータが入りきらなくなるのではないか?という問題を抱えている。

 

その容量を約60%抑えることが出来るのが、このsegwit(Segregated Witness)なんです。

 

具体的には取引データの中の署名部分を別にすることで、サイズを小さくすることになる。

 

そのことによって、送金手数料が安くなるメリットもあり、ビットコイナーと呼ばれるビットコインを愛する人たちにとってはかなりの朗報になります。

 

このことによって、価格が上昇する可能性も考えられますので今後のニュースに注目しておきたいところです。

 

ビットコインはいろいろ問題が指摘されたりしていますが、少しずつその問題を解決する技術者たちのおかげで、今後も発展していってほしいと思っているのは私だけではないでしょう。

 

ビットコインが仮想通貨界での基軸通貨でいられるのは、ビットコインを支えてくれているファンがいるからなんですね。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の授業

イーサリアムが2度目のハードフォーク?

イーサリアムが2度目のハードフォーク?

 

7月にイーサリアムがThe DAOの問題で(過去記事参照)ハードフォークを行いましたが、今回は継続するDOS攻撃の問題に対する対策としてハードフォークを行うことを正式決定した模様です。

 

実質イーサリアムをけん引しているビタリックの意見としては、今がベストタイミングだというのだが・・・

 

前回のハードフォークでは、ETC(イーサリアムクラシック)が新たに誕生し市場を困惑させたが今まで通りイーサリアムの価値はそれなりに維持していたが、今回の件でいったい信用はどうなるのだろうか?

 

もちろん前回は盗まれたことによるハードフォークだったので、今回とはまったく意味が違うのだが、何かあるたびにハードフォークを繰り返すのでは市場としては信頼を落とすことにつながるかもしれない。

 

リスク回避ですでに市場は値を下げている。

 

今後もイーサリアムを使ったプロジェクトも多数存在しているし、このことでそれほど悲観的になる必要はないのかもしれないが、ビットコインのような信頼はまだまだ先の話になると思われる。

 

私自身はイーサリアムのコミュニティを信頼しているので、このまま保有している予定ですが、どうされるかはご自身で判断してください。

 

分散型を理想とする仮想通貨(暗号通貨)だけに、本当の意味で分散型と言えるようになるまでには道のりはまだ遠そうです。

 

ですが、何か新しいことを始めるときは問題はつきものなので、今後も見守っていこうと思います。

 

ビットコインのご購入は、是非ビットフライヤーで!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨の授業http://bit.ly/1Sk9II3

ビットコイン取引が50倍に!

ビットコイン取引が50倍に!

ビットコインが今年半減期を迎え、さらにビットコインは通貨であるという法案が通ったことで、ビットコインの取引量が増えています。

日本国内だけでビットコイン取引量が前年同時期に比べて50倍まで上昇。

それに伴いビットコイン自体の価値も上昇していますので、今後の動向が注目されます。

ただ、来年度法案が施行されたらいま現状運営できている取引所の淘汰も予想されますので、ビットコイン取引をされる方は取引所選びから、保管方法まできちんと勉強されたほうが良いでしょう。

先日から取引所がハッカーによる攻撃で、盗まれる事件が多発していることもあり、購入後の保管方法が重要です。

取引所に置いておくことがリスクとなりますのでご注意ください。

だからと言って、仮想通貨(暗号通貨)自体に問題があるわけではないので、そこは分けて考えてくださいね。

ビットコインの取引量が増えた背景には、一日の価格変動が大きいことと、さらに価値が上がると期待されていることが大きな要因だと思われます。

過去日本では、ビットコイン=怪しいもの

という図式でしたが、ビットコインは通貨であると国が認めたことも大きな要因となっています。

今からでもビットコインや仮想通貨(暗号通貨)を学んでおくことは将来の資産運用の一つに加えられるかもしれませんね。

ビットコインは今もATMが世界的に増えてきていますし、今後の動きが楽しみですね!

ビットコインを始められる方は、国内最大手のビットフライヤーをおすすめします!

仮想通貨の授業

 

ビットコイン半減期迫る!

ビットコイン半減期迫る!

いよいよあと10日余りに迫った半減期ですが、いったん高騰した後一気に価格を下げ、今は少しずつ価格をあげていっているというところでしょうか。

もうすでに価格調整が終わっているかのように、緩やかな変動を繰り返しています。

【マイニングチップを開発するBitFuryのCEOであるValery Vavilov氏と、大手マイニングプールBTCCのCOOであるSamson Mow氏は最近、BitcoinMagazineの取材に対してビットコインの今後について語った。両氏はそれぞれ、別々の企業の経営に携わりながらも意見は一致している。結論から言えば、半減期によるネガティブな影響は極めて少ないということだ。

まずはじめに、「半減期を迎えることでネットワーク全体のハッシュレートが大幅に減少する」という予想について二人は答えた。

「ハッシュレートの低下は問題ではなく、ビットコインのセキュリティにも影響しない。」と、Vavilov氏。続けて、「直近数週間の価格上昇が示しているとおり、市場は半減期をポジティブに捉えている。」と語った。

また、Mow氏は半減期によってハッシュレートの低下は見られるだろうが、長期的な目線では問題にならないと答えた。】(bitcoin newsより)

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、ビットコインを保有する一人として状況を見守っていきたいと思います。

最近ではリップルやNEMの動きが気になってきています。

NEMに関しては最近すごく値を上げてきていて、仮想通貨(暗号通貨)界の地図が変わろうとしているのかもしれません。

追ってレポートを書いていきますので、楽しみにしていてください。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で