このエントリーをはてなブックマークに追加

保証があるから安心?

仮想通貨(暗号通貨)を語るうえで、よく質問されるのが

「誰が保障してくれるの?」という質問です。

普段私たちが使っている「円」という貨幣に関しては「国」が発行しているので、国が保障してくれますよね。

ですが、仮想通貨(暗号通貨)には管理者というものが存在しないので、保証という観点から言えば「すべての所有者」ということになります。

今日本に住んでいる我々にとって、国が保障してくれるというのはとても安心感があるように思うと思います。

ですが、世界に目を向けるとキプロスショックや、ユーロ危機、デフォルトなど、安心できない国もあるということです。

我々の住む日本という国でも、実は管理者がいることで気が付いていないところで価格操作が起こっていることをご存知でしょうか?

仮想通貨の授業

例えば金融緩和という「ばらまき」によって、私たちの持っているお金という財産は、国の政策によって価値が変わってしまうこともあるということです。

仮想通貨(暗号通貨)が広まった背景には、もともと「政府や銀行など中央機関を通さない」ということが皆さんが思っている逆の意味での安心になるということがあります。

仮想通貨(暗号通貨)は、発行数量が決まっているので金と同じように価値が上がっていくことが特徴としてあります。

ですので、スーパーインフレのようなことが起こらないことが特徴です。

ただし、発行数量が決まっているから「必ず上がる」というものではないことも知っておいてください。

金の価値が上がっていくのは、金をほしい人が多いからです。

ほしい人がいなければ、どれだけ希少価値があろうと価値自体は上がらないのです。

ですので、もしあなたがこれから仮想通貨(暗号通貨)を手に入れようとするのであれば、世界の人たちがほしくなるような仮想通貨(暗号通貨)でなければいけません。

そのあたりを踏まえて、広がっていく可能性がある仮想通貨(暗号通貨)と、そうでない仮想通貨(暗号通貨)の見分け方が学べる

「世界一わかりやすい仮想通貨の授業」が動画で学べますので、まずは登録して基礎から学んでみてくださいね。

以下のリンクから無料で登録できますので、是非登録してみてくださいね。

仮想通貨の授業