仮想通貨の税と法律

このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨(暗号通貨)の税と法律

最近ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)に関する記事やニュースがあちこちで目にするようになり、気になっている人も多いのではないでしょうか?

ですが、過去にはマウントゴックス事件や、いい報道がされていないことから避けている人も多いと思います。

なのでまずは、いったい仮想通貨というのは法律上どういう扱いになっているのか?

いったい税金はどうなるのか?

そのあたりから学ばれるのもいいかもしれません。

仮想通貨の授業

仮想通貨(暗号通貨)は物?通貨?

仮想通貨(暗号通貨)はいったい何なのでしょうか?

現在皆さんが使われているような日本円などではなく、実態が見えないし、円の様に日本という国が発行しているものでもないし、不安に思われる方も多いと思います。

2016年3月に日本政府が、ビットコインを通貨認定へと舵を切りました。(日本経済新聞3月1日)

このことで、今まで単なる物扱いだった仮想通貨(暗号通貨)が通貨として認定されていくことになります。

実は皆さんも、仮想通貨(暗号通貨)と聞くからどこかなじみがないのだと思いますが、もうすでに生活の中に入っているものに似ているかもしれません。

例えば、ポイントカードのポイントなどはそのカードを発行しているお店では、お金として使っているのに、実はポイントでしかありません。

それに、お財布携帯を使っていて、コンビニなどで財布からお金を出さずに使っている人もいるのではないでしょうか?

これから仮想通貨(暗号通貨)は法律上貨幣として扱われていきます。

仮想通貨の授業