三菱東京UFJ銀行が仮想通貨導入

三菱東京UFJ銀行が仮想通貨導入

三菱東京UFJ銀行が仮想通貨(暗号通貨)を導入することを正式に発表しました。

ずっと仮想通貨(暗号通貨)の導入の為に研究しているのは聞いていましたが、来年2017年秋導入を目指してしるようです。

ここで、詐欺に遭わないためにも三菱東京UFJ銀行が仮想通貨(暗号通貨)の導入を決めたことと、仮想通貨(暗号通貨)自体が安全であるということは違うということを再度勉強していきましょう。

皆さんが良く知る仮想通貨(暗号通貨)としてはビットコインが有名ですが、このビットコインと三菱東京UFJ銀行が発行する仮想通貨(暗号通貨)では根本的に違いがあります。

仮想通貨の授業

ビットコインは今出回っている仮想通貨(暗号通貨)というのは、発行上限が決まっているがゆえにほしい人が増えることで価格が上がるシステムになっています。

もちろん、ほしい人がいなくなると価格は下がります。

ですが、三菱東京UFJ銀行が発行しようとしている仮想通貨(暗号通貨)というのは、普通預金で交換出来て1コイン1円と価格が決まっているので、価格が上がることはないですが、下がることもないので今出回っているものとは完全に違うものだと認識しておいてください。

そうでなければ、三菱東京UFJ銀行も使っているよ!祖言う誘い文句で、仮想通貨(暗号通貨)詐欺に遭ってしまうことが予想されます。

仮想通貨(暗号通貨)自体が悪いわけではなく、実態がないにもかかわらず情報がない人をだます人や、実態はあっても事業計画がずさんであるにもかかわらず、計画倒産している仮想通貨もあります。

三菱東京UFJ銀行が仮想通貨(暗号通貨)を発行することと、今現状騒がれている仮想通貨(暗号通貨)というものが根本的に違うことは理解できたでしょうか。

間違えても、三菱東京UFJ銀行もやってるよ!という言葉に騙されないでくださいね。

「世界一わかりやすい仮想通貨の授業」は以下のリンクから学ぶことが出来ます。

信頼できる仮想通貨とはなんなのか?

何を基準に選べば騙されないのか?

この機会にまずは勉強してみてくださいね。

仮想通貨の授業