クレジットカードに変わる?

仮想通貨(暗号通貨)ビットコインの誕生によって金融業界の再編が始まろうとしています。

今までクレジットカードというのは、手軽さが強みでしたが、それだけに情報が盗難されて不正利用されることが増えていることも事実です。

先日もニュースで海外のカードが一斉に不正使用され多大な被害が出ていましたが、実はそれもクレジットカード会社の費用の一部から支払われてきました。

もちろんそのような不正利用がされないように、システムに対して防禦するシステムを開発したりしていましたが、その費用もばかになりません。

今までは安全に利用できることに目を向けるよりも、いかに不正から身を守るか?ということにばかり目を向けていました。

ですが、仮想通貨(暗号通貨)ビットコインの誕生により、ビットコインを支えている技術であるブロックチェーンが、不正ができないシステムとして注目されたのです。

ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)の可能性が少しはご理解いただけたでしょうか?

今おサイフケータイという言葉を知っている人も多いと思いますが、カードではなくケータイの端末で仮想通貨(暗号通貨)で支払う未来もそう遠くはないのではないでしょうか?

とはいえ、一日にかなり変動する仮想通貨(暗号通貨)ですから、まだまだ日本に広まるということは考えにくいと思います。

この次の章で、仮想通貨(暗号通貨)をどうとらえて、どう付き合っていくかを一緒に考えていこうと思います。

仮想通貨の授業