ビットコイン高騰の要因?

 

【ビットコイン高騰の要因?】

77000円近くまで高騰しているビットコインの考察です。

中国の通貨、人民元の下落が止まらない。10月から国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の構成通貨に正式採用されたが、約6年ぶりの安値水準まで売り込まれた。
そんな中、中国からの資本流出は見掛けよりも深刻かもしれないと米投資銀行のゴールドマン・サックスが警告している。
人民元は「国慶節」の連休明けの10日から続落し、11日には一時1ドル=6.7148元と、2010年9月以来の元安水準になった。米国の利上げ観測やドル高も元売りに拍車をかけた。
ブルームバーグによると、8月の公式統計では、人民元決済を通じ277億ドル(約2兆8,700億円)が中国から流出した。
2014年までの5年間の月平均では44億ドル(約4,560億円)にとどまっている。 (MONEY VOICE)

経済成長率に反して実態経済は追い付いていないことが、より明確になったのではないでしょうか。

ビットコインは皮肉にも金融危機が起こると高騰します。

ただ、ビットコインがあることによって、どこの国にいても逃げ道が用意されることになります。

こういったものがなければ、住んでいる国によって運命を国に預けることになるので、言わば助け合いの精神とも言えるでしょう。

お金は国が保証するものだという思い込みがありますが、誰かが管理するのではなく、みんなで監視しあい、みんなで助け合う精神によって成り立っているのがビットコインなのではないでしょうか。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で