イーサリアムが2度目のハードフォーク?

 

7月にイーサリアムがThe DAOの問題で(過去記事参照)ハードフォークを行いましたが、今回は継続するDOS攻撃の問題に対する対策としてハードフォークを行うことを正式決定した模様です。

 

実質イーサリアムをけん引しているビタリックの意見としては、今がベストタイミングだというのだが・・・

 

前回のハードフォークでは、ETC(イーサリアムクラシック)が新たに誕生し市場を困惑させたが今まで通りイーサリアムの価値はそれなりに維持していたが、今回の件でいったい信用はどうなるのだろうか?

 

もちろん前回は盗まれたことによるハードフォークだったので、今回とはまったく意味が違うのだが、何かあるたびにハードフォークを繰り返すのでは市場としては信頼を落とすことにつながるかもしれない。

 

リスク回避ですでに市場は値を下げている。

 

今後もイーサリアムを使ったプロジェクトも多数存在しているし、このことでそれほど悲観的になる必要はないのかもしれないが、ビットコインのような信頼はまだまだ先の話になると思われる。

 

私自身はイーサリアムのコミュニティを信頼しているので、このまま保有している予定ですが、どうされるかはご自身で判断してください。

 

分散型を理想とする仮想通貨(暗号通貨)だけに、本当の意味で分散型と言えるようになるまでには道のりはまだ遠そうです。

 

ですが、何か新しいことを始めるときは問題はつきものなので、今後も見守っていこうと思います。

 

ビットコインのご購入は、是非ビットフライヤーで!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨の授業http://bit.ly/1Sk9II3