ビットコインが証券会社で取引できるようになりました

ビットコインが上場

ビックニュースが入ってきました。

以前にアメリカでウィンクルボス兄弟が上場を目指しているという話はしたと思いますが、先にヨーロッパの証券取引所でビットコインがExchange-Traded Instrument (ETI) として上場し、取引が可能になりました。

これにより欧州の投資家は法制下でビットコインを取引できるようになり、市場に参加しやすくなることになります。

どういうことかというと、一般の投資家が参加しやすくなるということは、資金の流入が考えられるので、今後ビットコイン自体の資産総額が底上げされて、価格が高騰する可能性がある。ということです。

今まで1部の仮想通貨(暗号通貨)を取り扱う人たちのみが投資していた中で、一般の投資家が参加するようになれば、底上げすることによる安定も考えられるようになってきたということです。

ビットコインの資産総額が、今現在1兆円規模程度に対し、それがさらに高くなっていけば今のような価格の下落が起こりにくくなると思っていただいていいと思います。

もちろん、資産総額がさらに何倍にも膨れ上がればの話ですが・・・

ヨーロッパと言えば、過去にビットコインが高騰したきっかけともいえる、ユーロ危機が思い出されます。

今現在経済不安に陥っている、ヨーロッパの国でも資金の流入は考えられるようになるでしょう。

あくまでまだ推測に過ぎないので、そうなるとは言えませんが、そうなる可能性が高くなってきたと受け止めていいと思います。

あなたも仮想通貨(暗号通貨)を始めませんか?

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です