ビットコインが証券会社で取引できるようになりました

ビットコインが上場

ビックニュースが入ってきました。

以前にアメリカでウィンクルボス兄弟が上場を目指しているという話はしたと思いますが、先にヨーロッパの証券取引所でビットコインがExchange-Traded Instrument (ETI) として上場し、取引が可能になりました。

これにより欧州の投資家は法制下でビットコインを取引できるようになり、市場に参加しやすくなることになります。

どういうことかというと、一般の投資家が参加しやすくなるということは、資金の流入が考えられるので、今後ビットコイン自体の資産総額が底上げされて、価格が高騰する可能性がある。ということです。

今まで1部の仮想通貨(暗号通貨)を取り扱う人たちのみが投資していた中で、一般の投資家が参加するようになれば、底上げすることによる安定も考えられるようになってきたということです。

ビットコインの資産総額が、今現在1兆円規模程度に対し、それがさらに高くなっていけば今のような価格の下落が起こりにくくなると思っていただいていいと思います。

もちろん、資産総額がさらに何倍にも膨れ上がればの話ですが・・・

ヨーロッパと言えば、過去にビットコインが高騰したきっかけともいえる、ユーロ危機が思い出されます。

今現在経済不安に陥っている、ヨーロッパの国でも資金の流入は考えられるようになるでしょう。

あくまでまだ推測に過ぎないので、そうなるとは言えませんが、そうなる可能性が高くなってきたと受け止めていいと思います。

あなたも仮想通貨(暗号通貨)を始めませんか?

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Ethereum Classic 誕生

Ethereum Classic 誕生

仮想通貨(暗号通貨)資産総額ランキング2位のイーサリアムが完全に分離して、イーサリアム・クラシックが誕生しました。

先日行われたイーサリアムのハードフォークに対して反対派と賛成派に分かれる形になったイーサリアムでしたが、ハードフォークに反対している人たちのチェーンがイーサリアム・クラシックとして誕生した形になりました。

現在イーサリアム自体はハードフォーク後に価格の高騰を続けている状態ですが、イーサリアムクラシックは大幅に値を下げた後現在徐々に値を回復していっています。

話題性もあり、一日の取引高はとんでもない取引量になっています。

現在いろんな憶測が飛び交っていますが、やはり技術者たちはハードフォークはしないほうが良かったという県警の方が多い中、イーサリアムの価格自体は上がっています。

価格が上がっているから正解というわけではないですが、今後の値動きに注目しています。

価格=民意の反映と言ってもいい世界ですので、数年後その答えが出るのかもしれません。

少なくとも時代が変われば民意は変わります。

10年前の正しさは、今の正しさではありませんし、そこに柔軟についていくことが今後大切になっていくでしょう。

話題は変わりますが、もうすぐNEM(XEM)の重大発表があるそうです。

8月頭に公開予定だそうですので、その情報がどのくらい相場に影響を及ぼす情報になるのかわかりませんが、どう相場に影響が出てくるのか今から楽しみです。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

イーサリアム価格高騰

イーサリアム価格高騰

先日お伝えした、イーサリアムのハードフォークが無事に成功したことで、今現在もイーサリアムの価格が高騰しています。

もちろんこの高騰もいつまで続くかはわかりませんが、以前に記録していた2000円くらいまでは上がる可能性はありますね。

もしかすると、今回の成功により「イーサリアムは安心通貨だ。」と考える人が増えることで、更に上がる可能性まで出てきました。

もちろん楽観視だけはしてはいけませんがハードフォークの成功によって、イーサリアムを支持した人がたくさんいることは確かなことだと言えるでしょう。

7月後半から、8月前半にかけてまたビックニュースが出る予定の通貨も控えていますので、ニュースが出ましたらお伝えしていこうと思います。

今現在の仮想通貨(暗号通貨)の資産総額を見ても、良い材料が出ると簡単に仮想通貨(暗号通貨)の価格高騰に出逢うことが出来ます。

いかに早く情報を入手し、その情報をもとに仮想通貨(暗号通貨)を購入しておくことが、あなたの資産を増やすことになるのは簡単にイメージできることでしょう。

逆に考えると、簡単に下がることもありますので、初心者の方は専門家の意見や、たくさん情報源を持ってから投資をしてください。

今はあまりにもたくさん仮想通貨(暗号通貨)が出ていて判断が素人ではむつかしい状況になっています。

投資をしたものの、公開されたらすぐに使えなくなるコインや、投資をした瞬間に一気に下がってしまうコインもあります。

仮想通貨(暗号通貨)に取り組みたい方は、まずは基礎が学べる「世界一わかりやすい仮想通貨の授業」にご登録ください。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

イーサリアムハードフォーク成功

イーサリアムハードフォーク成功

あれだけ仮想通貨(暗号通貨)界を騒がせたThe DAO事件も7月20日22時30分頃に行われたイーサリアムのハードフォークによりあっさりと解決してしまった。

The DAO事件によって半分近くまで落ち込んだイーサリアムの価格も少しづつではあるが回復傾向にある。

仮想通貨(暗号通貨)の分散型信者の方たちには、今回のハードフォークを否定的にとらえている人が多いが、ハードフォーク後イーサリアムの価値がどう変わるかによって民意はどう受け取っているのかがわかるだろう。

とはいえ、今価格が上昇しているからと言って、民意がハードフォークを支持していると受け取るのは時期尚早で、単なるお祭り騒ぎの可能性も高い。

今後の値動きに注目したい。

さて、過去にビットコインのマウントゴックス事件により、多額の損害を受けたケースがあったが、今回のイーサリアムのハードフォークにより、仮想通貨(暗号通貨)というもののより一層の安全性が確認されたと受け取っているのは私だけだろうか。

まだまだ仮想通貨(暗号通貨)界は数億円動かすだけで値動きが半端なく動いてしまうくらいの小さな市場に過ぎない。

今のままではブロックチェーンやスマートコントラクトは安全だと言えても、資産運用を考えるとまだまだ安心とは言えない世界と言えるだろう。

そう言っている間にも、様々なプロジェクトが作り出されて行っている。

その中で将来的に生き残るプロジェクトを見極める目も必要と言えるだろう。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

資産総額ランキングに躍り出たSteem

資産総額ランキングに躍り出たSteem

仮想通貨(暗号通貨)の資産総額ランキングで瞬く間にリップルを抜いて3位に踊り出たSteemですが、買ってもなかなか売ることが出来ないシステムを使っているので、どんどんうなぎ上りに上がってきています。

まだまだ実態がつかめていないので何とも言えないのですが、このまま上り詰めていくことが出来るのでしょうか?

今現状は仮想通貨(暗号通貨)の魅力から買われていますが、売ることが出来るようになってからの暴落も視野に入れておかなければいけないものであるのかもしれません。

今のところ特に魅力を感じる部分がないので、どうして上昇しているのかは先ほどお伝えした

「買うことはできるけど、まだ売ることはできない。」

ことだけで上がっている可能性もあります。

どんどん上がっていっているのを見ると、よくわからないけど買ってしまう人も多いでしょうから、そのあたりの見極めが大切かもしれませんね。

仮想通貨(暗号通貨)の魅力としては、価格の上昇率にあると思っていいかもしれませんが、やはり大切にしてほしいのは

出口です。

価値はどんどん上がっていったとしても、売れなければ相場で勝ったとは言えません。

売るという行為をして初めて利益が確定しますので売らずに持っている間は単なる「暗号」なんです。

今ではいろんな種類の仮想通貨(暗号通貨)が発行されては消えていきます。

仮想通貨(暗号通貨)を購入する際には、そのコインが果たして本当にその価値があり、今後残っていくようなものであるのか?

見極めていくことが大切ですね。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインの半減期終了

ビットコインの半減期終了

少し盛り上がりに欠けたビットコインの半減期ですが、無事終了しました♪

次回の半減期まであと4年

次の半減期はビットコイン仲間とカウントダウンでもしたいですね。

6月初めごろからビットコインの半減期フィーバーがスタートしましたが、急激に上昇した後急降下してから6万円台をずっと行ったり来たりを繰り返した半減期になりました。

今後のビットコインに関しては、三菱東京UFJ銀行がビットコインの取引所への資本提供をしたことや、ビットコインで有名な投資家が上場を果たすかもしれないということが、ビットコインの価値をあげてくれる要素になってくるかもしれませんね。

日本でも仮想通貨(暗号通貨)の認知が増えていくことで、更なる詐欺話も増えていくと予想されますので、注意してください。

正しい情報と、正しい知識が求められてきます。

もちろん、真面目に取り組んでいる提供者も多く存在することは確かですが、9割は詐欺を働こうとしている人たちと見てまず間違いありません。

特にネットワーク型で資金を集めている人たちには注意をしてください。

私も仕事がら詐欺話はたくさん耳にすることがあります。

でもセミナー会場では見抜けない人がほとんどです。

まずは簡単に飛びつくのではなく、信頼できる人に相談しましょう。

私にメールで相談いただいてもかまいませんので、是非詐欺話には儲かったとしても乗らないように注意してくださいね。

友達なくしてもいい方はかまいませんけど(笑)

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインが株式上場?

ビットコインが株式上場?

ビットコインをご存知の方なら、ウィンクルボス兄弟のことはよくご存じではないでしょうか?

もしくはフェイスブックを創設したマーク・ザッカーバーグらを描いた「ソーシャルネットワーク」という映画をご存知の方にはなじみがあるかもしれない。

そのウィンクルボス兄弟が、NasdaqでのビットコインETF上場を諦め、BATS Global Exchangeに切り替え上場を目指すことがわかった。

もしこの上場が成立すれば、今までビットコインに対して興味はあるが、透明性の点や税制面で投資を見送っていた投資家たちが手をあげる可能性が高くなります。

ビットコイン自体は、去年より2倍以上になっている点から見ても、個人投資家や機関投資家の注目は集めているのは間違いがない。

このことでさらなる注目を集めることになり、ビットコインの価値が上がることになれば、ひきつられて他のアルトコインにも注目が集まることは容易に想像が出来そうだ。

価格は1株あたり10分の1ビットコインになる予定で、上場予定日が決定した後に市場価格から決められる。上場日は未定だが、米証券取引委員会(SEC)に提出する書類の作成は大詰めを迎えており、上場決定はそれほど遠くないと予想される。

現在半減期を目前に足踏みを続けているビットコインにとってはいいニュースになるかもしれませんね。

ビットコイン界の革命児ウィンクルボス兄弟の今後に注目しておきましょう。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ブロックチェーンの衝撃

ブロックチェーンの衝撃

増刷を繰り返している書籍「ブロックチェーンの衝撃」

この本の帯には「仮想通貨革命」という本で有名な野口悠紀男先生が推薦文を書いている。

仮想通貨(暗号通貨)の歴史はまだまだ浅い。

2009年に初めてビットコインの流通が始まり、まだ7年ほどしか経っていない。

にもかかわらず、仮想通貨(暗号通貨)を作っているブロックチェーンという技術が金融業界のみならず、世界を変えようとしている。

もちろんまだまだ課題はたくさんあるが、世界経済が揺れ動いている今、是非読んでおいてほしい本です。

特に「ブロックチェーンの衝撃」という本に書かれている、NEMという仮想通貨(暗号通貨)は今年に入りとんでもない高騰を続けている。

その理由がこの本を読めばわかるでしょう。

仮想通貨(暗号通貨)に興味を持たれる方は、その価値の高騰ぶりに意識奪われている方が多いと思いますが、大切なのはそのブロックチェーンという技術がもたらす未来です。

そこに目を向けなければ、世の中にはとんでもない詐欺話が横行しています。

ビットコインが1円の価値もないところから、12万円という価値がついたのをいいことに、仮想通貨(暗号通貨)というものがあたかも高騰し続けるように印象付けることで、詐欺の本質を見抜けないように話す人たちがいます。

リップルと提携しているわけではないのに、あたかもそうであるかのようにパンフレットを作ったり、ビットコインに関係ないのに、ビットコインを使っているように見せたり・・・

私が誘われた案件だけでも、数十件の詐欺話に遭遇しました。

是非信頼がおける人が書いた書籍や、実際にブロックチェーンの分野で活躍されている方からの情報以外はあまり信頼しないようにしてください。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨詐欺に注意して下さい

仮想通貨詐欺に注意してください

今日ビットコインを使ったビジネスがあるというので、セミナーに行ってきました。

来ていた人の半数はもうすでに会員さん。

で!日本人は仮想通貨(暗号通貨)を良く知らないことをいいことに、思いっきり詐欺でした。

韓国の方が話しているのですが、自称京都大学を卒業しているらしいです。

たぶんその経歴にみんな翻弄されるのでしょうが、内容はとてもじゃないけど聞いていられませんでした。

理論的にあり得ないのに、昔あった「円天」という詐欺と同じでもうすでに報酬をもらえている人にとっては、私が頭が悪く映ったのか鼻で笑われてしまいましたが、どう考えてもあと1~2年で破たんする理論です。

気を付けていただきたいのは、確実に何倍にもなると保証するかのような発言をする場合は詐欺と見ていいでしょう。

どう考えても、お金が延々と湧き出てきているのではなく、どんどん会員を増やして、その増やしたお金を既存の会員に回しているだけの単純な詐欺です。

みなさんも、仮想通貨(暗号通貨)を良く知らない状態で、おいしい話だからと騙されないようにしてくださいね。

そういう人はみんな最後に言うんです。

「私たちも騙された被害者なんです。」

いやいや、最初のほうに始めた人はたらふくみんなのお金吸い上げてますからね!

是非仮想通貨(暗号通貨)に取り組む際は、まずはきちんと勉強するところから始めてください。

経歴なんていくらでも詐称できますし、海外に本社があると言えば確認する人も少ないので、いくらでもいえるでしょう。

自分の身は自分で守ってくださいね。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で