ビットコインは危ない?

ビットコインは危ない?

先週行われたユーロの英国離脱投票の結果、仮想通貨(暗号通貨)であるビットコインに資源が流れ込むとの噂している人がいたが、結果的には全く影響がなかった。

前回の半減期に起きたユーロ危機とは根本的に違うためそれはそうだろうと思いながらも

「ちょっとは流れてきたらいいのに!」と私含めビットコイナーたちは淋しい思いをしただろう(笑)

さて、半減期に向け価格をあげていたお祭りムードが一変し、現在大きく崩れた相場が落ち着きを取り戻しつつある。

それでも600ドルを超えたあたりを推移しているところを見ても、仮想通貨(暗号通貨)であるビットコインに対する信頼の厚さがうかがえる。

仮想通貨(暗号通貨)は皆さんが知らないところで日々新しいものが生まれ消えていっているのも事実。

だからすべての仮想通貨(暗号通貨)が安全だとは言えない。

何の目的で、誰が、どのようなシステムで、そのような部分が大事になってくるだろう。

ただ単に、儲かりそうなことを言っているからという理由だけで選ぶと残念な結果になることは多い。

最近は嘘をついてでも販売しようとしている人たちもいるので気を付けてくださいね。

さて、ビットコインですが、金曜日にsegwitのマージの話が出てきていて、スケーラビリティ問題への改善方向が見え始めている。

segwitはスケーラビリティ問題における始めの一歩にすぎないが、実現された場合には、とても大きな一歩と言えるでしょう。

ビットコインはまだまだ進化の可能性を秘めています。

一緒にビットコイナーになりませんか?(笑)

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です