ビットコイン半減期迫る!

ビットコイン半減期迫る!

いよいよあと10日余りに迫った半減期ですが、いったん高騰した後一気に価格を下げ、今は少しずつ価格をあげていっているというところでしょうか。

もうすでに価格調整が終わっているかのように、緩やかな変動を繰り返しています。

【マイニングチップを開発するBitFuryのCEOであるValery Vavilov氏と、大手マイニングプールBTCCのCOOであるSamson Mow氏は最近、BitcoinMagazineの取材に対してビットコインの今後について語った。両氏はそれぞれ、別々の企業の経営に携わりながらも意見は一致している。結論から言えば、半減期によるネガティブな影響は極めて少ないということだ。

まずはじめに、「半減期を迎えることでネットワーク全体のハッシュレートが大幅に減少する」という予想について二人は答えた。

「ハッシュレートの低下は問題ではなく、ビットコインのセキュリティにも影響しない。」と、Vavilov氏。続けて、「直近数週間の価格上昇が示しているとおり、市場は半減期をポジティブに捉えている。」と語った。

また、Mow氏は半減期によってハッシュレートの低下は見られるだろうが、長期的な目線では問題にならないと答えた。】(bitcoin newsより)

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、ビットコインを保有する一人として状況を見守っていきたいと思います。

最近ではリップルやNEMの動きが気になってきています。

NEMに関しては最近すごく値を上げてきていて、仮想通貨(暗号通貨)界の地図が変わろうとしているのかもしれません。

追ってレポートを書いていきますので、楽しみにしていてください。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨が変える未来

仮想通貨が変える未来

まだまだ日本では懐疑的な見方をされている仮想通貨(暗号通貨)ですが、世界ではどんどん評価が上がっている。

「ビットコインのウォレットと決済アプリを提供するCircleが中国人投資家たちから6000万ドルを調達したことが明らかになった。中国に会社を設立し、同社のヨーロッパ展開と絡めて中国からユーロへの送金サービスを提供する計画だ。6000万ドルの大半は北京に拠点を構える投資ファンド、IDG Capitalが出資。また米系ファンドのBreyer Capitalも共同で出資をしている。投資家たちは、Circleの時価総額を4億ドル以上と評価しているようだ。

同社はビットコインのブロックチェーンを使った法定通貨のやり取りを、世界中のどこでも無料で利用可能なサービスの提供を目指すビットコイン企業で、ドルやポンドのような通貨を即時にビットコインへと変換し、受取人は現地通貨で受け取ることが可能なサービスを展開している。同社は以前にもゴールドマン・サックスから5000万ドルもの資金を調達しており、ヨーロッパ展開への足がかりとしたものの、現状はイギリス進出にとどまった状態だ。」(bitcoin newsより)

このことがもたらすメリットがわかるだろうか?

実現することになれば、ほとんど通貨の変換に手数料がかからないことになる。

ここに需要がないわけもなく、今ビットコインを持っている人にとっても朗報となるだろう。

それだけ流通することになれば、自然と保有する人が増えることは誰の目にも明らかで、仮想通貨(暗号通貨)界がより一層の盛り上がりをみせることになる。

世界はここまで進化を遂げている。

あなたはいつまで傍観者で居続けますか?

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインは危ない?

ビットコインは危ない?

先週行われたユーロの英国離脱投票の結果、仮想通貨(暗号通貨)であるビットコインに資源が流れ込むとの噂している人がいたが、結果的には全く影響がなかった。

前回の半減期に起きたユーロ危機とは根本的に違うためそれはそうだろうと思いながらも

「ちょっとは流れてきたらいいのに!」と私含めビットコイナーたちは淋しい思いをしただろう(笑)

さて、半減期に向け価格をあげていたお祭りムードが一変し、現在大きく崩れた相場が落ち着きを取り戻しつつある。

それでも600ドルを超えたあたりを推移しているところを見ても、仮想通貨(暗号通貨)であるビットコインに対する信頼の厚さがうかがえる。

仮想通貨(暗号通貨)は皆さんが知らないところで日々新しいものが生まれ消えていっているのも事実。

だからすべての仮想通貨(暗号通貨)が安全だとは言えない。

何の目的で、誰が、どのようなシステムで、そのような部分が大事になってくるだろう。

ただ単に、儲かりそうなことを言っているからという理由だけで選ぶと残念な結果になることは多い。

最近は嘘をついてでも販売しようとしている人たちもいるので気を付けてくださいね。

さて、ビットコインですが、金曜日にsegwitのマージの話が出てきていて、スケーラビリティ問題への改善方向が見え始めている。

segwitはスケーラビリティ問題における始めの一歩にすぎないが、実現された場合には、とても大きな一歩と言えるでしょう。

ビットコインはまだまだ進化の可能性を秘めています。

一緒にビットコイナーになりませんか?(笑)

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン復活か

ビットコイン復活か

本日英国離脱問題に主役を奪われた形になったビットコインですが、かすかに復活の兆しが見えてきました。

半減期に向けてのムードがいったん消えてしまっているようですが、まだ先にある半減期なので、まだまだ一波乱もふた波乱も起こりそうだ。

わたしとしては高騰するほうへの波乱であってほしいですが(笑)

前回の半減期の時のユーロ危機では価格が高騰したビットコインですが、今回も同じユーロ危機でも性質が違うので、そのあたりの影響は限定的だと思われます。

キプロスやギリシャの問題は国自体の危機であったために価格の高騰がありましたが、今回の件で英国が離脱したとしても特に英国に大きな問題を起こすと言えばそう大きな問題とはならないでしょう。

それよりも、そこから影響を受ける日本経済のほうが心配です・・・

ビットコイン自体は、仮想通貨(暗号通貨)界にとって基軸通貨と言える存在である限り、安定的に推移していくことが予想されます。

まだまだ予断を許さない状態出ることに変わりはありませんが、見守っていきましょう。

今後広まっていくであろう仮想通貨(暗号通貨)を今のうちに学んでみませんか?

「世界一わかりやすい仮想通貨の授業。」をベストセラー作家であり、大学の講師の先生が解説してくれています。

仮想通貨(暗号通貨)フィーバーに乗じた詐欺にあわないためにも正しい知識を身に着けておきましょう。

来年三菱東京UFJ銀行が仮想通貨を導入することで、今後より身近な存在となります。

是非見てみてくださいね。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

マネーゲームに巻き込まれるな

マネーゲームに巻き込まれるな

仮想通貨(暗号通貨)をはじめるにあたり、儲かるというキーワードをもとに始める方が多いと思いますが、その中でマネーゲームに巻き込まれないことが大切です。

先日からビットコインが半減期を迎えるにもかかわらず、価格の暴落が続いている。

これは一部のマネーゲームをしている人たちがいるので、価格が高騰したり、急降下したりしだしている。

マネートレードで儲けようとしていては、そういう大きな波が来た時に簡単に飲み込まれてしまいかねない。

あなたが選ぶその仮想通貨(暗号通貨)は、本当にこの先も残っていくものなのか?

それとも一時的な話題性で終わるのか?

そういう目線で選ぶ必要があります。

仮に価格が下がったとしても、長い目で見ることが出来れば本物は残っていきますし、価格もそれなりに上がっていくことになるでしょう。

大切なのは、短期で儲けようとしないことです。

そうなると毎日の価格変動に一喜一憂してしまい、それこそ単なるマネーゲームになってしまう。

仮想通貨(暗号通貨)はすでに世界に浸透していっているのでなくなることは考えにくい地にまで来ることが出来ました。

そう考えると銘柄選びが明暗を分けることになりますし、それが出来れば安定した資産運用の一つになっていくと予想されます。

仮想通貨(暗号通貨)はもうすでに国の事業や、銀行決済などで試行されて行っています。

まだまだ課題はありますが、今知っておくことこそが未来を変えることになるでしょう。

まずは「世界一わかりやすい仮想通貨の授業。」から学んでみてくださいね。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン急落の真相

ビットコイン急落

半減期を目の前にしたビットコインですが、昨夜から急落に転じました。

海外大手取引所の取引が停止されている間に急転直下で下げていきました。

そのあとは下降の一途をたどることになりましたが、何やら億単位で売りを入れる人が・・・

先週のThe DAOの一件から、いろんなことが起きています。

相場をされている方はいったん離れたほうがいいかもしれませんね。

今世界では英国のユーロ離脱問題など、大きく動く可能性がある時期です。

下手に動くと大やけどを負う可能性もありますので、気を付けてくださいね。

仮想通貨(暗号通貨)自体のシステムは安全なのですが、取引所となるとまた話は違います。

取引所で保管されている人は気を付けてくださいね。

し手間と感じるかもしれませんが、大事な財産を守るためにもまずは自分専用のウォレットを作ことをしましょう。

そして保管は自分専用のウォレットにて行うようにしてください。

そうすることが身を守ることになります。

そして基本的には本当に好きな通貨を選んで持つようにしましょう。

私自身はその通貨に魅力を感じるものしか持たないようにしています。

しばらくは静観しておくことが大切かもしれません。

今の間に仮想通貨(暗号通貨)について勉強しておきましょう。

詐欺まがいの仮想通貨(暗号通貨)の話もたくさん入ってきています。

冷静に判断するためにも、まずは「世界一わかりやすい仮想通貨の授業。」で、詐欺の話の見抜き方から学んでみてください。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン半減期どうなる?

ビットコイン半減期どうなる?

先週はThe DAOとイーサリアムに話題を奪われたビットコインでしたが、半減期で急激に価格を高騰させていましたが、いったん落ち着いて横ばい状態です。

ただ、横ばいといえど相変わらず高値を続けており、いつまた高騰が始まるのかわからない状況です。

先週The DAOの事件により、仮想通貨(暗号通貨)に対する信頼が薄れるかもしれないと思っていましたが、さすがに現在ビットコイン他仮想通貨(暗号通貨)を持たれている方たちは惑わされなかったようですね。

ただ新規参入には水を差したかった交になったかもしれません。

まだあと2週間以上先と言われているビットコインの半減期に向けて、価格がどうなっていくのか見守りたいと思います。

今週は横ばいではありますが、わずかながらの価格上昇はしており、まだ申し越し価格が上がる可能性は高いと思います。

仮想通貨(暗号通貨)を取り扱うものとして、まずはThe DAO問題が解決することを祈ります。

ただ、システムである以上今後もこのような事態があることは想定されるべきなのではないでしょうか。

ブロックチェーン自体は検漏ではありますが、取引所などはサイバー攻撃を受け資産の流出も考えられますので、交換所や取引所での保管はお勧めしません。

大切なあなたの資産になりますので、取り扱いには注意してくださいね。

まずは仮想通貨(暗号通貨)を基礎から学びませんか?

「世界一わかりやすい仮想通貨の授業。」は以下のリンクから無料で登録できます。

是非この機会に学んでみてくださいね。

仮想通貨の授業

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

マスコミに抹殺されるイーサリアム

マスコミに抹殺されるイーサリアム

先日からThe DAOの件で書かせていただいていますが、どうもマスコミは良く調べもせずに報道する。

今日も母親に「ビットコインダメになったらしいね。」と言われて苦笑いするしかありませんでした。

まあそれはうちの母親に問題ありますけど(笑)

今日もいくつかのThe DAOについての記事を読ませていただきましたが、なぜかThe DAOの名前は出ずに、イーサリアムに問題があったという記事になっている。

イーサリアムに問題があったのではなく、The DAOのシステムに問題があったにもかかわらず、なぜかイーサリアムと書かれている。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の授業

どうか記事を書かれる皆さん、正確に情報を伝えるようにしてください。

それでなくても、日本ではマウントゴックス事件で「ビットコインがダメになった。」という認識が強すぎて広まるのに時間がかかってしまいました。

もちろん、詐欺のような仮想通貨の話が巷に溢れているので、消費者保護の観点からそうしているのかもしれませんが、正確に伝えることのほうが大切だと思います。

イーサリアムをお持ちの人の中には、財産をかけてしまっている人もいます。

もちろんそこまですること自体少し考えたほうがいいですが、ただ報道する人の話が間違えることで被害をこうむる人もいることを知ってください。

イーサリアム自体には問題はありません。

聞きに来ていただければご説明させていただきます。

間違った報道で人生が変わってしまう人がいなくなることを祈るばかりです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の授業

仮想通貨の課題と展望

仮想通貨(暗号通貨)の課題と展望

今回のThe DAOの件が、仮想通貨(暗号通貨)発展に向けてのブレーキになりかねない展開となっている。

犯行を起こした犯人は、すべて取り上げることもできるはずなのにそれをしていない。

すべて取り上げることもできるはずなのに、そうすれば自分が盗み取ったものの価値がなくなるのをわかっているからだろう。

今回の事件によって、不正が出来ないというのが売りだった仮想通貨(暗号通貨)に影を落とすこととなった。

仮想通貨(暗号通貨)で浮かれていると、肝心なものを見落とすことがある。

システムに対する見方と、保管方法。

仮想通貨の授業

みんなが買うから私も

と安易に始めるのが危険ということがわかったはずだ。

保管に関しても、便利だから、面倒くさいからと販売所においている人が多いが、個別でウォレットに保管するということを覚えておかないと、販売所のシステムから流出している事件は毎月のようにあるのを知っているだろうか?

まだまだ仮想通貨(暗号通貨)界はてこ入れが必要で、整備が整っていない。

それだけに自分の身は自分で守らなければ、誰も守ってくれない。

とはいえ、ここまで浸透してきているし、便利で使い道が多い通貨もたくさんある。

日本の交換所ではほうが整備されつつあるし、発展していくことは間違いないだろう。

大手企業も参入し、国としての取り組みに試験的に取り組んでいるものも多い。

まずはきちんと学ぶところから始めよう。

そして稼ぎたいからと、大金をはたいて投資することはやめておこう。

まだ仮想通貨(暗号通貨)界は、投資ではなく投機だということを肝に銘じておこう。

仮想通貨(暗号通貨)を基礎から学べる「世界一わかりやすい仮想通貨の授業。」は以下のリンクから学ぶことが出来ます。

是非まずは無料で学ぶところから始めてみてくださいね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の授業

【速報】The DAO犯行声明

The DAO犯行声明

犯人からメッセージが届いた

その文章を見る限り、盗難ではなく正当にDAOの期の王を使っただけと書かれているので、犯行とは言えなくなるかもしれない。

今日の記事にも書かせていただいたが、フォークをするかしないかという話だったのだが、犯行をした犯人は「フォークに反対する採掘者に搾取した360万ETHのうち、100万ETHをプレゼントすると言っている。

今回の件で、この犯人は1000BTC儲けているので、その資金を使って更なる次の一手を仕込む可能性が出てきた。

このままではThe DAOは犯人の思うようにやられる可能性が高くなった、これでは防ぎようがないかもしれない。

もし今あなたが持っているのなら、売ってしまったほうが少なくてもいくらか戻ってくるので、いいのかもしれない。

この混乱でビットコイン自体がまだそこまで影響されていないのがせめてもの救いだ。

ビットコインを持っている人は、先から入手している人が多いので、ビットコイン自体は安全だと認識できているからだろう。

混乱して慌てないようにだけはしておきたいところだ。

ビットコインとイーサリアムは反対の動きをすることが多いので、今後ビットコインが高騰していく可能性が高くなったともいえる。

さて、今後も展開から目が離すことが出来ない。

次なる狙いがわかればまた速報をお伝えします。

仮想通貨(暗号通貨)を基礎から学びたい人は、是非「世界一わかりやすい仮想通貨の授業。」にご登録ください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の授業