経済成長はプラスになるか?

アベノミクスでの景気回復基調に伴い、経済成長2%を目指している日本ですが、これ気づいてますか?

実際に経済成長が2%になったとしても、マイナス金利を導入している日本の預金に対する利息は、普通預金で0.001%しかない。

言うなれば100万円預けていても、一年間で10円しかもらえない。

ですが、経済成長が2%あるとすると今持っている100万円は、経済成長を遂げた一年後には2%分価値が減るので、98万円の価値でしかなくなるんです。

大げさに言うと、もし50年前にタンス預金を100万円していても、今タンスから出してきたとしても100万円の価値しかないけど、物価だけは上がっている。ということが起こるのです。

更に言うなれば、老後に関しても年金は果たしてどれだけもらえるのでしょうか?

これだけ少子高齢化が進み、年金を払ってくれる若者が減っていく中で、今の高齢者でも不満を抱えているのに、今後どうやって生活していくことができるのでしょうか?

上手に資産を運用しながら、将来へ向けての準備をしておくことをお勧めします。

その一環として今注目すべきはやはり仮想通貨(暗号通貨)ですが、まだまだ認知が低くわからないことだらけだと思いますので、まずは「世界一わかりやすい仮想通貨の授業」から学ばれることをお勧めします。

実質経済成長率が預金に反映してくれない限り、今持っている資金は目減りするのと同じことになります。

賢く資産運用していきましょう。

「世界一わかりやすい仮想通貨の授業」はこちら

仮想通貨の授業