これからの仮想通貨(暗号通貨)

これからの仮想通貨(暗号通貨)

これから仮想通貨(暗号通貨)を選ぶ場合の一つの基準としては、大きな企業と事業提携をできるか?というところが挙げられます。

ビットコインが発展していっている背景には、Dell社との提携や、Microsoft社との提携、といったような背景があります。

今出ている仮想通貨(暗号通貨)はもともとプラットホームと言って、その仮想通貨(暗号通貨)が使える場所を持っているものが多いです。

ですが、通貨として大きな企業と提携できれば、一気に注目を浴びて価格が上昇するのは誰が見てもわかると思います。

情報をいち早く取り、その通貨を買っておくことができれば未公開株を手にしていることに近いかもしれません。

今私が買っているエイダコイン(ADA)はもともと優秀なカルダノというプラットホームを持ちますが、それだけでもすごいのですが、これで企業と提携することでもあればとんでもないことになるかもしれません。

もしあなたが大手企業だとしたら、どのような仮想通貨(暗号通貨)と提携したいと思いますか?

もうすでにたくさんの人が保有している仮想通貨(暗号通貨)でしょうか?

それともほとんど持っている人がいない仮想通貨(暗号通貨)でしょうか?

私なら・・・

エイダコイン(ADA)はこのまま順調にいくと、公開されたと同時に仮想通貨(暗号通貨)ランキングの上位に初めからいます。

もしかしたらがある仮想通貨(暗号通貨)になるかもしれませんね。

仮想通貨の授業