クラウドマイニング詐欺

以前に仮想通貨(暗号通貨)のマイニングについてお話ししたと思うのですが、仮想通貨(暗号通貨)のマイニングをするにはとても高価な専用機器が必要になります。

ビットコインの半減期のところでも触れたように、昔は50BTCもらえていたので、みんなこぞってこの専用機器を購入してビットコインを集めていました。

ただ、このマイニングに使う専用機器はとても高価なうえに、とても消費電力がかかります。

仮想通貨の授業

なのでこれを、クラウドマイニングと言って「投資家を募り、その投資額によって利益を分配する。」というものが存在します。

もちろん、本当のものもあるのでしょうが、この詐欺に遭った人は多いようです。

消費電力がバカにならないので、電気代が安い場所や地域でしかできないため海外であることが多く、そこまで確認に行けないことも騙される一つの要因かもしれません。

もしかしたら最初から実態すらないかもしれませんし、まだまだ仮想通貨(暗号通貨)界は儲かる可能性が高い代わりに、騙される可能性も高いといえるかもしれません。

他にも高額なコンピューターを販売しているところまで存在します。

もちろん、ビットコインで報酬をもらえるのであれば、7月に迎える半減期までを考えても、25ビットコインもらえるのですから、それだけでかなりの報酬が受け取れるというのも事実です。

ですが、これもコンピューターを持っているから必ず報酬が受け取れるわけではないので注意してください。

きちんと情報がそろっていて、安心出来る人から購入することが大切ですね。

仮想通貨の授業