経済産業省も認めている

経済産業省も認めている

ビットコイン・仮想通貨(暗号通貨)

ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)に対して、日本人は「よくわからないものは怪しい。」と決めつけている人が多いが、「よくわからない。」なら調べればいいだけの話なのに、自ら調べようとせずに批判だけする人がいる。

そういう人はまず「経済産業省」のホームページをちゃんと読んでほしい。

2016年4月28日に出されているレポートをきちんと読んだ人は何人いるだろうか?

その101ページに仮想通貨(暗号通貨)が一般家庭に取り入れられているわかりやすい図がある。

今年2月にも「ビットコインは通貨とする。」政府の発表があったように、「知らないから・・・」で終わらせてしまうと、とてももったいない。

いまみんなの認知が上がってきて、新聞やニュースでビットコインの記事を見ない日はないくらいになってきているのに、それでも調べようとしないのは本当にもったいない。

何故もったいないのかというと、今まだまだ知っている人が少ない状態で調べることが出来る人は、この業界では先んじることになるので一気に億万長者も夢ではなくなるからです。

ビットコインは、たった数年で価値が120万倍になりました。

そして今もなお、どんどん企業の取引に使われるようになっていっている。

現在ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)でもう買い物ができることを知っている人はどれだけいるだろうか?

家や車も買えるし、普段の買い物にも利用できる。

でも知らないから怖いという気持ちもわかります。

そういう方は是非「世界一わかりやすい仮想通貨(暗号通貨)」という無料の動画で勉強してみてください。

もちろんそのあともご自身でいろいろ調べていただきたいのですが、まずは仮想通貨(暗号通貨)がどういうもので、どうすれば騙されなくて済むのかがわかります。

経済産業省も認めている仮想通貨(暗号通貨)の世界を一緒に学びましょう。

無料動画は→こちら

仮想通貨の授業