ビットコインは犯罪の温床?

ビットコインは犯罪の温床?

まだまだ知らない日本人

過去にマウントゴックス事件というものを覚えている人は多いと思います。

その時のマスコミの報道は「ビットコインが倒産。」でした。

いやいや、マウントゴックスという取引所が倒産したのであって、ビットコインは全く問題がない。

いうなれば、証券会社が倒産しただけなのに、なぜか日本円が価値がなくなったかのような報道がされたというような幼稚な報道がされただけである。

日本人はなぜかテレビの報道を良く信じる。

マスコミはそれだけ信頼されているのはいいことだけど、それほどマスコミは賢いわけではないんです。

ですので、正確な情報は信頼できる所から入手する必要がありますよね。

仮想通貨の授業

違法取引サイトシルクロード

皮肉なことに、仮想通貨(暗号通貨)の便利さから、違法取引サイトシルクロードというものが銃や密売にビットコインを使ったことがあった。

それをこぞって良く調べもせずに批判だけする人がいるが、その後フロックチェーンの特性上すべての取引の履歴が残っているので、犯罪に関係した人たちは捕まっている。

それを知っている人はどれだけいるだろうか?

それほどブロックチェーンの技術というものは安全で安心できるものなのである。

確かに今中国人がビットコインを買いあさり、人民元から外貨に換えていっているという背景はあります。

ですがそれは、貨幣に対する不安があるからであって、それはどこの国の人も権利としてあっていいのではないでしょうか?

もしあなたが日本人で、日本が危ないとなったとき自分の身を守るために外貨に交換しておくことをしないだろうか?

日本に生まれたのだから、日本と心中しますという人はそれはそれでいいと思いますが、キプロスショックの時のキプロス国民を誰が攻めることが出来るでしょうか?

いま日本は借金大国として打つ手がない状態です。

その中でリスク分散をしておくことはとても大切なことです。

円だけでなくドルを保有しておく、金に変えておく、同じように仮想通貨(暗号通貨)として持っておくというのも、自分や自分の家族を守るために大切なリスクヘッジだと思います。

私は円もドルも金も、仮想通貨(暗号通貨)も持っています。

其れかに価値がなくなったも困らないようにしているのです。

仮想通貨がよくわからないというのであれば、是非「世界一わかりやすい仮想通貨」の授業を動画で学んでみてください。

まずはそこから始められたら、今後仮想通貨(暗号通貨)とどのように付き合っていけばいいのかわかると思いますよ。

「世界一わかりやすい仮想通貨」の無料動画は→こちら

仮想通貨(暗号通貨)