ビットコインの歴史

まずはビットコインがどうしてできたのか?

そしてどのように広まっていったのかを知っていきましょう。

一人の論文からはじまった

ビットコインは、2008年 satoshi nakamoto と名乗る人物が、インターネット上に発表した論文をもとに、それを見たプログラマー達が協力し合って作り出したのがきっかけです。

その論文には、「政府や銀行など、中央機関を通さずP2Pネットワークで取引を行うことにより、取引手数料を抑えることが出来る。そして世界中の人と、いつでも迅速に貨幣取引を行うことが出来る。」といった内容が記載されていました。

そして2009年にビットコインが誕生することになります。

初めての取引はピザ

ビットコインの初めての取引は、当時まだビットコインが普及していない中で、持っていても価値がないことから、「ピザを届けてくれたら1万ビットコインあげるよ。」という言葉に反応した一人の人物が、一万ビットコインと、2枚のピザの交換からスタートしました。

今一万ビットコインを持っていたら、とんでもない価値になっています。

とても高いピザになりましたね(笑)

仮想通貨の授業

違法取引サイト「シルクロード」

銃、麻薬などインターネットを使った違法な取引がビットコインで支払いが出来ることで、ビットコインが使われるようになっていきましたが、ビットコインはブロックチェーンという技術を使っているので、結局はそのデータが残っているため、犯罪組織は一網打尽にされました。

犯罪組織が利用することで普及したというのは皮肉なことではありますが、そのことで利便性を証明してくれたことは普及に一役買ってくれましたし、結局は悪いことはできない証明にもなったので、ここから加速度的に普及が始まります。

キプロスショック

キプロスで国民の預金に税金がかかるという政府の発表により、一気にキプロス国民が資産をビットコインへ交換していくことになります。

日本でも戦後預金封鎖が行われましたが、近い将来そういうことが起こるかもしれませんね。

中国元の信用暴落

中国バブルはもうすでに崩壊しているといわれていますが、その象徴とも取れる中国の富裕層がこぞってビットコインへの交換を始めます。

それによって、ビットコインの価格は一時12万円まで高騰します。

いうなれば取引当初0.1円の価値しかなかったビットコインが、120万倍の価値を持つことになりました。

現在も中国では外資への交換がどんどん行われています。

そうなると中国経済がどうなっていきそうか予想できそうですよね・・・・

企業や投資家の参入

ビットコインの可能性に気付いたDell社や、マイクロソフトが決済手段としてのビットコインを導入するとともに、かなりの投資家がビットコインへの参入をすることになり、どんどん広まっていくことになります。

マウントゴックス事件

日本人ではこのマウントゴックス事件が有名ですが、当時世界最大と言われた取引所で、イメージしていただくとすれば証券会社のようなイメージを持っていただければいいと思います。

そのマウントゴックス社が、サイバー攻撃に会い預かっていたビットコインがなくなるという事件がありました。

まだ情報が少なかったマスコミは、こぞってこのニュースを「ビットコインがダメになった。」と報道したため、一つの取引所がダメになっただけなのに、ビットコインがダメになったという印象を植え付けられることになります。

証券会社が倒産したとしても、日本円がダメになったわけではないのに、ビットコインに関してはそのような報道がなされたのは悲しいことです。

仮想通貨(暗号通貨)