ビットコインの半減期

ビットコインの半減期

半減期とは

ビットコインは半減期に高騰することで知られていますが、どうしてこの半減期を迎えると高騰するのか?その理由を探っていきます。

ビットコインはよく、金と比較されることが多いですが、その理由はビットコインの発行数量が2100万ビットコインと決められているので、国が作っている貨幣のように、増やしたり減らしたりすることが出来ないので、ほしい人が増えれば価値が上がりますし、ほしい人が減れば価値が下がります。

例えば、日本の貨幣などは政府いう中央機関が「金融緩和」という名目で紙幣をすれば勝手に価値が下がります。

需要があるかないかで価値が決まるわけではなく、中央政府の考えひとつで価値が上がったり下がったりするわけです。

金は、世界で埋蔵量が決まっているという理由で、どんどん価値が上がっていきます。

それは金は必要性を皆が感じているからです。

これも、金は今パソコンや携帯電話の必需品で、これからもどんどん普及率が上がっていくことをかんがえれば、上がり続けることも容易に予想がつきますよね。

仮想通貨の授業

それと同じことがビットコインだというのです。

もともとビットコインは、ブロックチェーンという技術が使われています。

このブロックを作るためには、複雑な計算があり、その計算をするために相当な電力を必要とします。

そのため、その計算に協力してくれた人に対して、50ビットコインを提供していました。

そうやって少しづつビットコインが発行されてきているのです。

そしてそのブロック数が、ある一定数量まで来るとその日を境に提供していくビットコイン数を半分に減らしていくことになっています。

つまり、50ビットコイン発行されていたものが、25ビットコインまで減り、この7月には12.5ビットコインまで半減するというわけです。

イメージとしては、例えばあなたがある鉱物を採取するのに、トンネルを掘っていかなければいけないと思ってください。

最初のうちは表面に近いので少しの労力でたくさん撮ることが出来ますが、掘っていくにしたがってどんどん奥深くまでいかなければいけません。

ということは同じ労力では取れる数量が減っていくということで、ですが、それに伴って価値が上がってくのは当然だと思いませんか?

今現在日本でもビットコインを通貨だと認める法案が可決されてから、どんどんビットコインの認知が上がりほしい人が増えています。

それと同時に発行枚数が決められているので、価値が上がっていっているのです。

今半減期予想としては、7月半ばから7月末だといわれています。

この日にちを特定できないのは、ブロックの生成スピードによるので、はっきりとは言えないのが現状です。

今買っておけば、その恩恵を受けられるかもしれませんね。

仮想通貨の授業