ビットコイン

仮想通貨(暗号通貨)を語るうえで、ビットコインは外すことが出来ません。

今現在も仮想通貨(暗号通貨)の中では断トツで資産総額ランキングの一位に位置しています。

2016年6月現在でもまだまだ価値は上がり続けていますし、日本政府も全仮想通貨(暗号通貨)のなかで、通貨として認定しているのはビットコインだけです。(2016年6月現在)

世界へ広まっていく中で、今はもう世界が通貨として認めざるを得ない位置にまで来ています。

海外の企業では、いち早く決済手段としてビットコインを取り入れ、今では日本の企業でさえも取り入れていっているのが現状です。

今後もますます広がりを見せるであろうことは誰にでも予想できるのではないでしょうか?

仮想通貨の授業

では、どうして仮想通貨(暗号通貨)が広まることになったのか?

ビットコインという名前を知っている人は多いですが、何故これだけ世界で使用され、広まっていくことになっているのかを知らない人も多いのではないでしょうか。

現に私自身も、周りで仮想通貨(暗号通貨)の話をしている人はあまり見かけませんし、仮想通貨(暗号通貨)の話をすると変な目で見られることすらあります。(笑)

それだけ仮想通貨(暗号通貨)というのは日本ではまだまだ認知度が低いのですが、それだけにチャンスはものすごくあると言ってもいいでしょう。

ビットコインの歴史を振り返りながら、仮想通貨(暗号通貨)が今後どうなっていくのか?

ビットコインと今後どのようにかかわっていけばいいのか?

そのあたりを見ていきましょう。

仮想通貨(暗号通貨)