ビットコインに続くのは

仮想通貨(暗号通貨)界の王者

ビットコインは言わずと知れた仮想通貨(暗号通貨)会の王者です。

初めてできた仮想通貨(暗号通貨)であり、1600種類以上あると言われている仮想通貨(暗号通貨)の中でも、資産総額ランキングでは断トツの1位を守り続けています。

更にいうなれば、1位ビットコイン、2位イーサリアムだけで、全仮想通貨(暗号通貨)の資産総額のうち約9割程度を占めているのはご存知でしょうか?

それだけビットコインというのは仮想通貨(暗号通貨)界では右に出るものはいないということです。

2016年6月現在でも、まだまだ価値は上がり続けており、今後もビットコインを中心に仮想通貨(暗号通貨)界は回っていくと考えていいかもしれません。

ですが、昨年2015年7月30日に公開されたばかりの2位イーサリアムは、一年を待たずに仮想通貨(暗号通貨)界の2位に躍り出たばかりか、65倍の価値にまで跳ね上がりました。

これは、仮想通貨(暗号通貨)界の図式が変わっていく予兆かもしれません。

仮想通貨の授業

イーサリアムがビットコインを超えるか?

長年王者の位置をほしいままにしてきたビットコインですが、昨年イーサリアムという通貨が出てきたことで、その位置を脅かされるかもしれないという話が出ています。

もともとビットコインというのは、satoshi nakamotoという人の論文を見たプログラマーなど有志によって作られていて、当時の技術では素晴らしいものではありましたが、これまで世界に広まっていくことは想定できていなかったのかもしれません。

イーサリアムというのはスマートコントラクトという技術が追加され、更にトランザクションが早いことで、ますます仮想通貨(暗号通貨)としては便利なのもとなっているからです。

そのイーサリアムを作った、チャールズ・ホスキンソンはまだイーサリアムでも出来ないことがあると言います。

そしてビットコインやイーサリアムの弱点を克服したものを2016年12月に公開するのだと。

その通貨がADA(エイダコイン)であり、今はプレセール中でやすく手に入れることが出来ます。

ADAコインについて知りたい方は、是非以下の「世界一わかりやすい仮想通貨の授業。」に登録して見てください。

もしかしたら、イーサリアムの65倍を超えてビットコインの再来になるかもしれません。

仮想通貨の授業